矢作川研究所日記

2018/09/13

ふるさとの川づくり 小学生が秋の川学習

(9月13日・9月14日)
 地元住民との共働で「ふるさとの川づくり」を進めている岩本川で、平井小学校2年生と1年生が川の体験学習を行いました。2年生は2度目、1年生は初めてですが、夏休み前に2年生から岩本川の生き物のこと、遊び方のことなどを授業で教えてもらっています。
 子どもたちの地域での自然体験を大切にする先生方と事前に学習内容を相談した上で、今回も岩本川創遊会と矢作川研究所が講師を担いました。岩本川創遊会はこの日のために直前にも草刈りをしたそうです。保護者の方々も見守りのため参加してくださいました。




 今回の学習では、川幅が狭いところと広いところの境目にコーンを置きました。また、箱めがねも用意しました。川の多様な環境に注目してもらい、川幅が違うと水の流れの速さはどう変わるのかな、川底はどうなっているのかな、そんなことを感じてもらえたらと企画しました。



 2年生と1年生は混成のグループで活動し、1年生は2年生にガサガサなどを教えてもらいながら川学習をしていました。岩本川創遊会のメンバーも我が子と同世代の子どもたちにいろいろなことを伝えていました。




 岩本川での学習の後は、教室に戻って「ハカセ」の講義です。
 水深の違いや流れの速さの違い、川底の様子と生き物たちの関係を、水中撮影した動画も交えて紹介し、岩本川にはいろいろな環境があることを学んでもらいました。単調な川では生き物はすみにくいものですが、岩本川創遊会と市の共働による川づくりでいろいろな環境ができているのです。
 どんなところでどんな生き物が捕れたか、ハカセが尋ねると子どもたちからはすぐ答えが返ってきました。



 熱心な質疑応答の後、子どもたちは岩本川で捕れた生き物の水槽をのぞき込んで、
さらに観察を続けていました。
 岩本川創遊会の会員も、子どもたちにアメリカザリガニの持ち方を説明するなどして交流しました。




2018/09/06

枝下用水のカワヒバリガイ




矢作川中流の越戸ダムから取水している「枝下用水」は豊田市南西部を灌漑する農業用水です。
この日、大雨に備えて、数日前から断水していた用水路に「外来生物カワヒバリガイが大量に付いている」との情報を豊田土地改良区資料室より頂き、早速、研究員3人で出かけました。


壁面に付着したカワヒバリガイ




今回、確認した場所は枝下用水の上流端となる約500 m程の区間でしたが、用水の壁面には底から10 cmぐらいの幅で、カワヒバリガイが2重にも3重にも折り重なって付着していました。全長10 mm前後の貝がほとんどで、昨年の夏に生まれた貝のようです。また用水の底にもびっしりカワヒバリガイがくっついていて、足裏に殻のゴツゴツした感覚が伝わってきました。


用水の底に点在する黒い塊がカワヒバリガイ


底に付いたカワヒバリガイの様子




壁面の形状が複雑になった場所では、水の流れがゆるやかになるためか、より多くのカワヒバリガイが壁面や溝部分に付着していました。


凸凹した壁面にはよりたくさんのカワヒバリガイがくっつきます




カワヒバリガイは最大4 cm程になる2枚貝で、特定外来生物に指定されています。矢作川では2004年にカワヒバリガイが発見され、2006年に中流部で大量発生・大量死が起こりました。
現在、矢作川本川では矢作ダムのダム湖から下流は米津大橋の周辺までの区間で、「レギュラー」として定着しており、コンクリートの壁面や川底の石をひっくり返すとくっついているのが見られます。



2018/08/27

ソジバ実験2018 友釣りでアユをGet!

研究所では河床改善実験を昨年度に引き続き、ソジバで続投しています。ソジバ調査隊の釣り師(T氏)が8月22日、今年の河床改善実験区でアユを2尾ゲット! 今年は、投入した石に大きなサイズを混ぜ、アユが縄張りを持ちやすいように河床に起伏を作りました。その効果が友釣りで検証できました。今後の釣果も楽しみです。





2018/07/27

矢作川研究所セミナーを開催しました(講師:吉冨 友恭 氏)

豊田市矢作川研究所セミナー「研究・教育活動をわかりやすく伝える試み」
東京学芸大学 環境教育研究センター 吉冨 友恭 氏(7月27日)



吉冨先生は魚類研究者である一方、得られた研究の成果を社会に広く、わかりやすく伝えることの必要性を感じられ、「研究・教育活動をわかりやすく伝える試み」について研究を続けられています。

先生はこれまでに、在籍されていた岐阜県の川島パーキングエリアに隣接した自然共生研究センターの野外展示をはじめ、トヨタ博物館、いくつかの水族館の展示、沖縄県のダムの説明パンフレットなど、様々な広報活動を手がけられてきました。

ご講演では効果的な広報をするための方法論や具体的な手法、展示や活動をより魅力的にするためのツールなどをご紹介頂きました。

より効果的な広報をするためには、伝えたい相手を知ることが最も大切で、こちらが何を伝えたいのかだけで無く、相手がどのような情報を求めているのかを事前にリサーチし、その内容を簡潔に分かりやすく、視覚的にも印象付けるツールを用いることが重要とのことでした。

矢作川研究所でも研究内容を広く、わかりやすく伝えていくことが課題となっていますので、所員にとって大変実りの多いセミナーとなりました。



2018/07/22

川遊び体験「岩本川探検隊」が行われました(ふるさとの川づくり事業)


市民と行政が共働で川づくりをする「ふるさとの川づくり事業」のモデルとして、岩本川で事業が始まったのが2015年。その年から毎年行われてきた「岩本川探検隊」は、当初は矢作川研究所が主催でしたが、昨年から地元の川づくり団体「岩本川創遊会」の主催で行われています。

今年は地域の親子24人が参加。「熱中症にはくれぐれも気を付けて」と受付で塩分補給タブレットと飲み物が配られ、休憩も早め早めにとることになりました。

まずは探検隊長からご挨拶。
今年のテーマは、熱く盛り上がったサッカーワールドカップにちなんで「岩本川ワールドカップ2018」!



岩本川周辺でよく見られる11種の代表選手たちですが、生き物によって好むすみかが違います。川づくりがすすんだことで、岩本川にはいろいろな環境ができて、いろいろな生き物がいるのだということを知ってもらおうという狙いの企画です。




捕まえ方をちゃんと覚えて、「岩本川代表イレブン」を探し出しましょう…!


岩本川は流れが多様化して、せせらぎの音が心地よく聞えてきます。おととしに続き、昨年、階段がもう一基できて、2か所から上り下りできるようになり、ますます川に入りやすくなりました。水制も入り、その下流にはたまりができています(詳細はRioNo.208)。



リピーターのお子さんはさすがの手つきでタモ網を操り、初めてのお子さんは岩本川創遊会のメンバーなどに聞きながら、魚のいそうなところを狙ってガサガサ。





いましたいました、「岩本川代表」のいきものたち。
FWアメリカザリガニ、MFドジョウ、ニシシマドジョウ、ホトケドジョウ、DFカワムツ、オイカワ…!


そして川が楽しいのは魚を捕まえることだけじゃないですよね!泳いでいる子もいました。



岩本川を存分に楽しんだあとは、集合場所の扶桑公園へ。

好きな生き物を観察ケースに入れてよーく観察し、「私のMVP」としてスケッチしました。
隊長が記念撮影もしてくれましたよ。





そしておまちかね、岩本川の生き物についてハカセからしっかり教えてもらいました。



最後は「岩本川代表イレブン」が何種類見つかったかの発表会。
最多の7種類を見つけたお子さんが、隊長から記念の缶バッジをプレゼントされました。

参加者アンケートでは「子どもの育成にとても役立つ」「普段やることができないことを体験できて良かったです」などの声をいただきました。また、岩本川創遊会会員からは「もっとたくさんの子どもたちに遊んでもらえるような川づくりをしたい」という記入がありました。

今年も地域の方々のご活躍で子どもたちの本当に生き生きとした姿を見ることができました。
ふるさとの愛される川づくり、これからも続きます。