矢作川研究所日記

2017/05/13

あいづまカメまつりを開催しました


地域住民と産・学・官で進めている「アカミミガメ防除プロジェクト」。
このプロジェクトと、外来種問題、ペットのカメを大切に飼い続けることの大切さなどをテーマにしたおまつり「あいづまカメまつり」を開催しました。
(主催:豊田市、豊田市アカミミガメ防除プロジェクト実行委員会)

5月13日(土)の前林交流館での開催には約120人、翌14日(日)の若林交流館での開催には約100人のご来場があり、子ども達の歓声も聞こえてくる楽しいまつりとなりました。
カメクイズ大会ではカメの寿命や長生きの秘訣についてのクイズが出され、多くの方が正解しておられました。
カメ博士こと矢部隆先生(愛知学泉大学教授)のトークショーではカメの進化のふしぎなどについて、会場とやりとりしながらお話しが進みました。


カメのふれあいコーナーでは17種類のカメが展示されました。
珍しいカメにびっくりする子や、甲羅に恐る恐る触れる子、餌をあげる子などでにぎわいました。


「わたしのカメ自慢」では、イラストや文章でつづられたカメ自慢の力作が集まり、表彰式やカメグッズプレゼントの抽選会が行われました。
他にもカメにちなんだ工作やバルーンアート、シャボン玉アートコーナーがありました。
このおまつりでの体験が、子ども達にとって、カメを大切に飼い続けることの大切さを心に刻む思い出となることを願います。(吉橋久美子)



2017/05/12

矢作川のアユ友釣り解禁しました!





5月11日に矢作川のアユの友釣りが解禁となりました。
写真は翌12日に小渡で撮影しました。
一目で20人以上の方々が釣りをされており、車も50台程、停まっていました。
ただ、解禁翌日ということもあってか、残念ながら釣り上げている姿は見られませんでした。










これだけ多くの方々が
待ち焦がれていたアユ釣り、
今年は豊漁の年になることを
祈っています!



2017/03/04

ミニシンポジウム、大盛況でした

 ミニシンポジウムを開催し、高校生や大学生らによる22題もの活動報告や研究発表が行われました。第13回となる今回は多数の発表があったため、1題あたりの発表時間が短くなってしまいましたが、いずれの発表も丁寧にまとめられており、事前の発表練習の様子が伺えるものでした。
 豊田東高校、豊田西高校は、それぞれ大人顔負けの多岐に渡る活動の報告や今後の目標を発表してくれました。愛知工業大学、名城大学、愛知学泉大学、名古屋大学、大同大学の大学生・大学院生からは、河川改修とリンクした研究報告や、水生昆虫・魚類やカメ類の外来生物に関する研究報告があり、身近な話題について専門性の高い発表がありました。
 また当日は、聴講者からの資料の提供があったり、日本陸水学会東海支部会から中高生に向けて研究助成の案内があったりと、若手(未来)の研究者に向けて、諸先輩方からのあたたかい支援の気持ちがうかがえる場面もありました。(山本大輔)




2017/02/26

平成28年度豊田市矢作川研究所シンポジウムを開催しました


 2月26日(土)、JAあいち豊田ふれあいホールにて、約200名のご参加を得て研究所シンポジウム「天然アユが元気に暮らす川づくり ~1000万尾のアユが遡上しても釣れない矢作川を考える~」が開催されました。
 はじめに研究所の3名が「天然鮎が暮らす矢作川の現状」を報告しました。山本大輔研究員が天然アユ遡上の課題と矢作川漁業協同組合の方々へのアンケート結果について、内田朝子研究員が、かつてアユが数多く連れた「ソジバ」(阿摺ダム下流)の川底の様子とアユのえさについて、白金晶子研究員が「ソジバにアユを取り戻す取り組み」について述べました。
 パネルディスカッションでは山本敏哉研究員がコーディネーターを努め、高橋勇夫氏(たかはし河川生物調査事務所)、椿隆明氏(アユ釣り師)、村上哲生氏(中部大学)、内田臣一氏(愛知工業大学)、赤堀良介氏(愛知工業大学)にパネリストとしてご登壇いただきました。「ソジバにアユを取り戻す取り組み」を話題の中心として、多河川でのアユを増やす取り組み事例や、釣師として感じるソジバのアユの現状、アユの餌、底生動物、土砂の移動についてなど、さまざまな視点をご提示いただきました。会場からも貴重なご意見をいただき、「天然アユが元気に暮らす川づくり」にむけた第一歩を踏み出すことができました。(吉橋久美子)



2017/02/23

セミナーを開催しました(永橋 爲介氏)

豊田市は平成28年度に「豊田市矢作川河川環境活性化プラン」を策定しました。
プランでは市民と川の関係性をよりよくすることを掲げています。

そこで、都市計画学・建築計画学をご専門とされ、
自治体における参加型、パートナーシップ型の環境基本計画等のプロセス、
公園や河川等の都市オープンスペースの計画・管理・運営における
合意形成の方法論等について研究を重ねてこられた永橋為介氏(立命館大学産業社会学部教授)をお招きして、
以下のようなお話をお伺いしました。

  ・パートナーシップ型の環境基本計画策定とその後の環境まちづくり
  ・子どもの頃の環境を絵や地図で表現し、共有するワーク「環境的自叙伝」にみる水辺への愛着
  ・「環境的自叙伝」によって喚起された愛着がまちづくりにどのような効用をもたらすか など

合併したまちの環境基本計画策定の過程において、「流域」という考え方が
住民と行政の関係性を良くしていったことや、
「環境的自叙伝」を用いたやりとりのなかで、住民間の軋轢が解消したことなど、
具体的な事例をもとにレクチャーしていただきました。
「環境的自叙伝」のワークの体験もあり、
このワークが人の心をほぐし、お互いを近づけることがよくわかりました。

人々がどのように協力しあい、河川環境改善を進めて行くかを考える上で
さまざまなヒントをいただいたセミナーでした。