No.44 ウスバツバメガ

絹織物のような白いはねとダイダイ色の襟巻きをまとったウスバツバメガ。早朝や昼間飛翔することもあり、とてもガ類には見えません。その上、幼虫はサクラや梅を食べる害虫で、青酸化合物を体内に持つといいます。見かけによらないのは、人間も昆虫も同じのようです。

  • 前へ
  • 一覧
  • 次へ

矢作川の生き物エントリーリスト