No.59 今井 磯一郎~「枝下用水」人物記その1

今回は矢作川に関わる人物を。
今井 磯一郎(1841~1909)
加茂郡仁王村(今の坂上町)に誕生。後に今井荷六の婿養子となり、肥料商を業とする。明治13年に愛知県会議員、明治23年には初の衆議院議員選挙で当選し、明治31年まで中央政界で活躍した。平戸橋の波岩を爆破して水の流れを変えようとしたが、対岸の越戸の住民の猛反対で中止になるなど、逸話が多い。当時の爆破仕掛けの穴は今も岩盤に残っているという(『平戸橋市民講座2009』NO.2)。肖像画は『豊田市史』人物編より

  • 前へ
  • 一覧
  • 次へ

矢作川の生き物エントリーリスト