No.74 ハッチョウトンボ

日本で最小のトンボで羽を広げて約3㎝。湿地で生活し、その付近をか弱く飛ぶ。ちょっとした湿地や休耕田あとなどにも見られることがあるが、湿地がなくなると姿を消す。成熟すると雄は真っ赤な衣装をまとう。その名は江戸時代生息していた、名古屋市の中心地を流れる矢田川付近の「八丁」という地名に由来するという。

  • 前へ
  • 一覧
  • 次へ

矢作川の生き物エントリーリスト