No.75 オミナエシ

オミナエシ科の多年草で、秋の七草の一員です。全体の優しい風情から、おみな(女)という言葉が名前に入ったという説があります。日当たりのよい草地を好むため、以前は日本全国の草刈りがされている土手などで普通に見られましたが、こうした環境が激減したため自生地は少なくなり、複数の県で絶滅の恐れがあるレッドリスト種になっています。豊田市では松平地区の住民の皆さんが維持管理活動をされている松平郷園地にまとまった群落があり、7月下旬から花を見ることができます。

  • 前へ
  • 一覧
  • 次へ

矢作川の生き物エントリーリスト