No.86 タマヒゲマワリ

緑のお団子形をした細胞が寒天質の袋に入っています。入っている細胞の数はたいてい32個ですが、16や64の場合もあります。個々の細胞に2本の鞭毛があります。細胞同士は袋の中で離れて並んでいるので、密集するタイプのパンドリナ(Pandorina)と区別できます。湖沼やダム湖などのプランクトンとしてしばしば出現します。これは、矢作川の河川水に中に見られましたが、おそらく上流のダム湖で発生したものが流されてきたものでしょう。

  • 前へ
  • 一覧
  • 次へ

矢作川の生き物エントリーリスト