No.128 メリスモペディア エレガンス(学名:Merismopedia elegans)

藍藻の仲間です。一つの細胞は球形もしくは楕円形で直径5~9μm程度と極めて小さく、それらが縦横に行儀良く並び群体を作ります。群体は平板状で大小様々です。写真の群体は、これまでに私が出会ったメリスモペディアの中で最大のサイズです。顕微鏡下で観察していると、他の藻類に混ざってこの種の藍青色が際立ってきれいでした。
メリスモペディア エレガンスは浮遊性で矢作川のダム湖など止水域で増えているのだと思いますが、メリスモペディアの仲間には、石表面に生える付着藻類と一緒に暮らしている種類もいます。
このメリスモペディアの群体をしばらく眺めていると、飛行機に乗ったおり眼下に広がる水田、あるいは薬の錠剤PTP(Press Through Package)を連想します。皆さんは何に見えますか?

  • 前へ
  • 一覧
  • 次へ

矢作川の生き物エントリーリスト