No.132 コッコネイス

小判型をした珪藻です。矢作川の付着藻類のサンプルに普通にみられます。しかし、優占種になるほど多く出現することはなく、脇役に徹しています。
珪藻類の同定に欠かせないのが殻の模様です。細胞の内容物を溶かし、ガラス質だけにすると(写真右、緑枠内)小判型の中にたくさんの点列を確認することができます。コッコネイスは殻面全体で石表面や糸状緑藻などにも付着しています。

  • 前へ
  • 一覧
  • 次へ

矢作川の生き物エントリーリスト