No.136 スナヤツメ

 ヤツメウナギの仲間を知っていますか?
 写真を見れば納得の「八つ目」ですが、見かける機会の少ない生きものです。「変態」という、成長の途中で体の形が変わる不思議な生態を持っています。
 写真のスナヤツメは変態後で、吸盤状の口を持ち、目の後方にある7つの鰓の穴と合わせて「八つ目」の特徴がはっきりと見えます。
 いっぽうで変態前のスナヤツメには、鰓の穴は見えるものの、肝心の目がなく、体の他の部位にも目立った特徴がないため、たまにガサガサで捕れると「これって何の生きもの?」と疑問に思うほどです。
 砂泥の川底を好むため、川のコンクリート化などの影響を受けやすいと言われ、絶滅危惧種にもなっています。

  • 前へ
  • 一覧
  • 次へ

矢作川の生き物エントリーリスト