No.140 ギンブナ

流れの緩い川や池で、かつては最も普通にみられた魚です。豊田市内の川で現在みかけるフナの仲間は、放流された体高のあるヘラブナの場合が多く、ギンブナを見かける機会はめっきり減りました。野外で採集されるのはメスばかりで、他の魚類の精子を刺激として卵を発生する雌性発生を行うことで知られています。

  • 前へ
  • 一覧
  • 次へ

矢作川の生き物エントリーリスト