No.147 チラカゲロウ

幼虫は全長が2 cm弱で、矢作川の上流から中流の流れのある場所に広く生息しています。体の背中側には1本の白い線があり、頭にヘルメットをかぶったような特徴的な外見です。泳ぎが得意で、ピッ、ピッと素早く動き回ります。前足に長い毛が生えており、流れてきた小さなものをその毛でこしとって食べると考えられています。成虫の体色もチョコレート色、翅は透明で、5月頃から川岸でふわふわ飛んでいるのが見られます。(白金晶子)

  • 前へ
  • 一覧
  • 次へ

矢作川の生き物エントリーリスト