「矢作川研究」No.22の原稿を募集します

 矢作川研究所ではご存じの通り、研究所の調査・研究の成果をはじめ、矢作川流域の自然や文化に関するさまざまな報告を掲載した、所報「矢作川研究」を毎年発行しています。
 つきましては本年度発行予定の「矢作川研究 No.22」に掲載する原稿を募集いたします。皆さまのご投稿をお待ちしています。
 ご投稿頂ける方は編集委員会までご一報下さい。

投稿のご案内
1.投稿者
 どなたでも投稿できます。
2.原稿の種類
 矢作川流域の自然や社会に関連する論文、研究ノート、資料、活動報告等とします。ただし原稿は未発表のものに限ります。
3.原稿の採否および校正
 編集委員会が内容的にふさわしくないと判断したものは、掲載をお断りすることがあります。また、掲載が決まった原稿も、編集委員会から手直しをお願いすることがあります。
4.制限ページおよび原稿の受付
 原稿の長さは刷り上がり20ページ以内とします。このページ数を超える場合はご相談下さい。原稿は執筆要領に従い、打ち出し原稿1部と電子ファイルを添えて下記宛に送付して下さい。提出期日は平成29年7月31日とします。
  〒 471-0025 豊田市西町2-19 豊田市職員会館 1階
  豊田市矢作川研究所 「矢作川研究」編集委員会
  Tel:0565-34-6860  Fax:0565-34-6028
  e-mail:yahagi@ yahagigawa.jp/
5.別刷
 50部までは無料となります。50部を超えて印刷を必要とする場合は著者の負担となります。ご希望の部数を明記して下さい。
6.付則
 本誌に掲載されたすべての投稿の著作権は 豊田市矢作川研究所に帰属しますが、本人による著作物転用の場合のみ申し出を必要としません。ただし当研究所の矢作川関連資料データベース登録のためご一報下さい。

*執筆要領については投稿規定をご覧ください。


ファイルイメージ

投稿規定