【矢作川を知ろう】

<対岸とともに>

矢作自治区水辺愛護会
新實鋭二さん(会長) 75歳(中央)
池野定雄さん(庶務会計)69歳(向かって左)
成瀬啓一さん(会員・矢作自治区区長)67歳(右)
(年齢・肩書は聴き取り時)



矢作自治区水辺愛護会※1は矢作自治区内の矢作川右岸(榑俣(くれまた)町~百月(どうづき)町)を活動地として竹林の間伐や草刈り、水辺公園の維持管理などをしています。
愛護会設立前のワークショップ※2では、会の「課題」を「対岸の笹戸自治区と協働し、計画を立てて整備したい。人手不足の為住民だけで管理していくのは難しい。」という言葉にまとめました。このように対岸を意識する言葉は他の愛護会でも度々聞かれ、「対岸からの眺めを良くする」ことが活動の目標になっている愛護会もあります。地元と対岸という二つの視点を持ち、その間を流れる川も含めた空間への意識の強さは、川辺に住む人々の特徴ではないでしょうか。
(聴き取り 吉橋久美子2016年7月26日)
====================

水辺愛護会の活動について

――どんな方々が会員さんですか?
新實:60代後半が主力だね。その中で当日に出られる方が出る。
池野:日曜午前中。出られるのは12、3人から、20人いかないぐらいかな。
成瀬:いろんな団体が日曜狙っとるもんでね(笑)。

――活動地は昔どんな様子だったんですか?
成瀬:ずっと竹林。斜面で畑やれるような場所がなかったからね。

――活動をしてどんな成果がありましたか?
新實:竹を伐って、景観が良くなったね。川が見えるようになった。
池野:冬場、道路の安全が確保できた。前は竹が道路の上にかぶさって、雪が降ると倒れてきてもう通行止めになっちゃうぐらいの所もあった。雪が長く溶けずスリップ事故になったり。それが乾くようになったね。
きれいな竹林なら見栄えもいいんですけど倒れかけたのがあったり、ぐしゃぐしゃになってると見た目も非常に悪いと。これをみんなでキレイにしようということだったんです。

――ご苦労や課題は…?
池野:場所がね、すごい急斜面なんですよ。非常に作業がやりにくいし危険。だから人集めにしても作業のお願いするにしてもなかなかね…。
新實:作業でも来る人がだんだん高齢化して「協力はしたいけどもどうも体がいうこときかんでできん」という人が多くなってきたなあ。それは悲しいことだなあ。急な所を上がり降りしてもらったら気の毒だで。だんだんそういう時代になってきたで困ったね。手伝ってくれる人がいるといいが。

――今後の見通しは?
成瀬:ふれあいの場所として、やがては、川の魚を観察したり、広場があるもんだから笹戸の景色を見ながらお茶を飲んだりするのもいい。
一同:(笑)
新實:勘考すりゃあなんとかなる(笑)。

――自治区と愛護会とはどんな関係でしょう?
成瀬:協力体制ですね。町内会長や役員の者が町内に呼びかける感じで協力しあってやっていますよ。



対岸への意識

――対岸への意識が強いのですね。
新實:わしら農地はほとんど対岸だもんで。それで仲良くしよったんだわ。

――昔は舟で行っていたんですか?
新實:そう。渡し場があって。有間(あんま)の酒屋さんの所に。
成瀬:笹戸橋※3なかったもんね。
新實:有平橋※4もね。だからほとんど舟。(一つ上の世代は)あれ、大変だったなあ。農機具持っちゃあ舟に積んで。今ほど大きな機械はないが。せいぜい大八か※5リヤカー積んでくくらいで。
わしらの時代はおかげさんで橋があったもんで、農機具積んで大八ひいちゃあ行った。

――対岸の人との愛護会活動の上での関わりは?
池野:対岸の人達も、自分たちの竹林を整備したのに、こっちが茂ってるとここを車で通るときにあちらが見えないということでね、我々も協力しようということになって来てくださった。
新實:対岸の人も喜んどるわ。明るくなったって。

竹と竹皮

新實:昔は夏になると竹屋さんが竹を伐りよった。商売になっただね。笹戸や榑俣にも、日面(ひおも)でも、それこそ字(あざ)に一軒ぐらいずつあった。今じゃあもう残念ながら、竹はほったらかしだもんで、…。
竹皮もよく拾って市場へ出しとったがね。お母さん連中、おばあさん連中が拾って。
成瀬:子どもの仕事でもあったね。

川の姿の移り変わり

――昔の川との関わりは?
成瀬:昔は水泳、魚摑み。ほんとに水がきれいでね。水中眼鏡をつけて泳ぐと水族館みたいだったね。とおーくまで魚が見えた。
新實:タモだとかヤス※6とか使って。アユでもひっかけるぐらいおっただ。昔は川行くのに水なんて持ってかん。川の水を飲んどった。はっはっは…。
成瀬:ウナギなんかもよく釣ってた。
新實:ハエ※7とかイシャンコ※8をつけた針を棲みかに入れりゃあ釣れた。
成瀬:いっぱいとれましたもんね。そういうのが今できんね。餌の確保が難しい。
新實:昔はトヨタ自動車行くより川に行く方が金になった。アユ釣って笹戸温泉やら、広瀬まで自転車で運んどった。で名古屋の方へ、行ったらしいよ。流れが速いから舟に乗ってる人がぱらぱらおったね。今じゃあ川は全然金にならん。

――最近は川との関わりはありますか?
成瀬:昔に比べるとほんとに川に入る機会っていうのがね、
池野:ないね。
新實:ないなあ。子どもは川は行っちゃいかんよといわれてるから。
成瀬:ダムができて砂がないもんで砂浜がなくなっちゃったね。ついでにヨシとか生えて。昔と川の様子が変わってきた。
でもこういう、水辺愛護会みたいなのが少しでも「抑え」になるというか。全部荒れ放題だったら、もう、ますます川と離れていっちゃうってことがありますわねー。少しでも活動が「抑え」になって行けばと思いますよ。

※1. 2008年設立。会員数52人(2015年10月時点) 
※2.「かわせみ第3号」(平成23年3月15日)
※3.笹戸橋…昭和40年9月竣工(新設)『矢作川』愛知県豊田土木事務所発行編集 平成3年3月 より
※4.有平橋…平成2年3月竣工(新設)  『矢作川』愛知県豊田土木事務所発行編集 平成3年3月 より
※5.大八車(だいはちぐるま)…木製の人力荷車。人が入って引っ張るための枠と荷台があり、荷台の左右に車輪がついている。
※6.ヤス…魚を突くための棒状の道具。この地域では三本に分かれた金属製の銛先(もりさき)がついているものが一般的という。
※7.ハエ…オイカワ
※8.イシャンコ…ヨシノボリ

(写真:平成27年12月2日撮影)




<風景と、誰かと遊んだ記憶がまちに人を呼び戻す>

澤田恵雄さん(縄文の里水辺愛護会会長(肩書きは取材当時))



豊田市下川口町は、赤い加茂橋で足助と結ばれ、水汲遺跡があるまちです。秋には天神社の大イチョウと、まちの人達が整備をしてライトアップしている大沢池の紅葉が人々の目を喜ばせてくれます。この下川口町の川辺で活動しているのが縄文の里水辺愛護会のみなさんです。

2016年3月に開催された、上流域の水辺愛護会の活動報告会で「次世代がまちに帰ってくるためによい景観を守っている」と発表された方がいらっしゃいました。愛護会の会員がどのような思いで活動しておられるのかに興味があった私は、その言葉に強い積極性を感じました。その発表をなさったのが縄文の里水辺愛護会の澤田恵雄さんでした。もっと思いを聴かせてくださいとお願いし、ご快諾いただきました。澤田さんは、水辺愛護会の活動とまちの将来を想うこと、自分自身を探求することを一連なりに捉え、伝えてくださる方でした。
(聴き取り 吉橋久美子2016年4月11日、12月14日)
=======================================

心に残るのは「景観」と「誰かと遊んだこと」

この地域に生まれた子たちが、帰ってくるようにするためにはどうしたらいいだろう?そう考えると、どこへ行っても、ふるさとがいいものだと思うには、いい景観が一番だね。その映像がきれいなものであれば、一生きれいな思い出とともにやれるわね。
それから誰と遊んだか。自由に遊ぶってことは学校で勉強するよりも大事。
活動の大きな夢は、僕たちが子どもの頃に遊んだような環境を作るっていうことだね。昔は川で良く遊んだ。上級生が面倒見てね、泳ぎを覚えさせてくれた。わざと溺れさせたりしてね。危険から遠ざける方が却って危ないんじゃないかな。

苦労の中に価値が生まれる

世の中結果主義で簡単なものをありがたがるけど、手に入りにくいものに価値がある。愛護会活動ならば作業の苦労の中に価値が生まれてくる。汗を流して手に入れた、前と全く違う風景に価値を感じるのは、活動した人の特権だよね。
愛護会の総会の時も何をするかっていうことよりも、なぜするかっていうことをいつも話す。自分達の利益になるんだっていうことをちゃんとわかった人がやるとおもしろいなーと思うしね。
最近は、「このまちは良いまちだと思っている」とまちの人から聞くし、大沢池のライトアップも自分たちも楽しもう、という感じに変わってきた。大変だけどね。お客さんとコミュニケーションとるのが楽しいよ。
僕たちが今、誠実に地域を愛して、良くしようと思ってると、何十年か先に、価値が出てくると思う。
そういう価値観を共有できるようになって初めてね、まちの活性化ができるかなあと思う。この地区は28戸で昔からそう変わらない。価値観が共有できるっていうすごい力がある。

自分を問いながら

愛護会の活動を「単なる作業」としてイヤイヤやってて、怪我したりしたら最悪だね。でもそうじゃなくて僕はいつも自分ってなんだろうと問いかけながら思考する時間にしている。自分自身を知るということが人生の幸せにつながると思うから。
それに何回も草を刈っていると生えてくる草が変わってくる。やればやる程地球が応えてくれる。

望んだイメージになっている

いろんな人が、ここで車を停めてはのんびりしていくので、かなりいい線きてるね。当初望んだとおりのイメージになっている。
あと、ベンチやウッドデッキなんかを作ってみたいなあ。お弁当持ってこの辺で食べていただけたらと。後ろの山の整備もしてるから、この地域に合った木とか花とかをみんなで考えて植えてね、川を見て、ふっとふりかえったらきれいな山が見える、となるといいね。






<食べて遊んで勘考(※1)して>

牛田朝見氏(豊田市議会副議長)71歳(年齢・肩書きは当時))



               (2016年7月13日、8月22日 聴き取り 吉橋久美子)

田代川(小原地区)から矢作川へ
 小さいころは田代川の下仁木、上仁木の辺までが「縄張り」でね(笑)。中学生ぐらいになったら矢作川へ行った。矢作川にはいろんな種類の魚がおるもんだからね。

川の恵み…「食」
 カエル、ツボ※2、川の魚、動くものはほんとに何でも食べたね。他にたんぱく源なかったもん。釣竿なんてあらへんくて、川の中入って横にある穴探すんだね。その中に手を突っ込んで、アカモト※3だとかオイカワだとかそういうの手掴みにするんだわ。オイカワはうまいよ、骨が柔らかいから。
 それからイシャンコ※4ね。割りばしの先に木綿針を二つつけて糸で巻いてしばって、水中メガネやっとって突くんだ。あれピッピッてこんぐらい(10数㎝)しか動けへんもんね。ほれを突いて、佃煮にするんだけどね。うまかったなあ。いっぱいおったよ。あのころは。

川の恵み…「遊び」
 遊ぶもんもなかったもんでねえ、ほんとに。夏はもう、学校から帰ったらすぐ川。僕なんかカバンをほのまんま傍に置いといて(笑)。石を集めちゃあ堰を作ってね。水の中だと石が軽くなるもんで。みんなで協力して。で、川をちょっと深くしてそこで泳いだもんで(笑)。唇が紫色になるぐらいやーっと※5入っとった。
 田代川には木を渡しただけの橋があって、そういうとこからみんなダーンと飛び込んだ。おもしろかったねえ、川遊びは。



田代川の今。コンクリート二面貼りに。

川でみんなで「勘考する」
 メダカもよう摑んだね。メダカはね、帽子を下へ入れといて、すーっと上に抜くだがね(笑)。生活の知恵でね、みんな勘考するがね。あれがええとかこれがええとか。今の子はすぐタモ与えちゃう。昔の人は、そう親にあれ買ってくれこれ買ってくれって言えへんもんだから自分たあ※6でできるもんで、魚を捕まえる方法を考えたりね。昔の人の方が遊ぶことは上手だったかもしれんね。

体験することで
 やっぱり川に入ればどんな魚がおるかということね、こんな色だったあんな色だった、あれはヒゲがあったけどこれはなかった、そういうことが分かると思うんだけどね。うまい魚がどれかっていうことも(笑)。
 けがもしとったけど、「どうするとけがをするか」がわかる。薬になる草も知っとった。
先輩がなんでも教えてくれた。

※1.よく考えること。当地方で日常的に使う  ※2タニシ  ※3.カワムツ  ※4.ヨシノボリ ※5.長い間 ※6.自分たち



イモハチポン【矢作川のことば】

 矢作川と人との関わりについて調べていたところ、「イモハチポン※」というおもしろい言葉に出会いました。イモ=自然薯、ハチ=クロスズメバチなどの蜂の子、最後の「ポン」は「ぽんつく=魚とり」のポン。獣や野鳥などの狩猟(鉄砲も「ポン」となる)、キノコや山菜採りを含め、生業ではないけれども、その収穫がお腹を満たし、いくらかの収入にもつながるこれら「遊び仕事」に精を出す人々のことを「イモハチポン」と呼ぶそうです。
 本気で自然に向きあい、恵みを受け取るイモハチポンの人々。彼らがしてきたことを見つめなおすことが、河畔林整備をしている団体の励みになり、川と人との距離を再び近づけることになるのでは…。詳しい方にお話を聴かせていただきたいと思っています。
(吉橋久美子)



※『環境民俗学―新しいフィールド学へ』 p202「イモハチポン」古川彰(山泰幸、川田牧人、古川彰編 昭和堂)
 『月刊矢作川1979年10月号(第31号)』 p18「クマンバチ」新見幾男



王滝渓谷【矢作川の魅力発見!】

 矢作川最大の支流、巴川に流れ込む仁王川流域には王滝渓谷と呼ばれる場所があります。仁王川は旧豊田市内で最高峰となる焙烙山や六所山に源を発し、流路延長6.5km、流域面積13.6km2の小河川で、王滝渓谷はその下流部1.8kmに位置し、急落差で流れ下っています。写真は6月1日の朝に撮影しましたが、渓谷沿いに足を踏み入れると、もののけ姫の世界を彷彿とさせるような苔むした奇岩や怪石が見られ、ひんやりとした空気が漂っていました。渓谷の上流部には砂防堰堤によってせき止められた王滝湖があり、当日は貯水量がかなり減少していましたが、流れ込みや湖内にはコイに加えて、カワムツ、カマツカなどたくさんの魚が泳いでいました。この辺りは夏になると表紙の写真のように多くの人々が訪れ、子ども達は川で泳いだり、魚捕りをしたりして賑わっています。秋には紅葉も美しく、四季折々の景色を堪能できます。渓谷の中ほどには「八大竜王宮」と刻まれた巨岩があり、その辺りは蛇淵と呼ばれています。その昔、仁王川流域で毎年のように鉄砲水や山崩れを起こしていた白い大蛇が、美人の娘さんとなって自らの罪を悔いて現れたという言い伝えが残っているそうです。
 渓谷沿いには散策路が整備され、周辺には園地や展望台などもあり、水遊び、巨石巡り、ハイキング、野鳥や植物観察など様々に楽しめます。これからの季節、涼を求めてぜひ足を運んでみて下さい!