第22回シンポジウム「天然アユが元気に暮らす川づくり ~1000万尾のアユが遡上しても釣れない矢作川を考える~」

天然アユが元気に暮らす川づくり ~1000万尾のアユが遡上しても釣れない矢作川を考える~

日時:2017(平成29)年2月26日(日) 13:30~16:50
場所:JAあいち豊田 ふれあいホール

 矢作川では昨春に観測史上最多の1000万尾を越える天然アユが遡上しました。本来であればアユの友釣りで賑わう1年となるはずでしたが、中流域では不漁が続き、釣り人の期待を裏切る結果となりました。
今回のシンポジウムでは、なぜアユがこれほど釣れないのか、河川の中で生じている現象を解き明かし、今後の対策について提案を行い、みんなで考えます。

報告「天然アユが暮らす矢作川の現状」
    山本大輔・内田朝子・白金晶子(豊田市矢作川研究所)
パネルディスカッション
    パネリスト / 高橋勇夫氏(たかはし河川生物調査事務所)
            椿 隆明氏(アユ釣り師)
            村上哲生氏(中部大学)
            内田臣一氏(愛知工業大学)
            赤堀良介氏(愛知工業大学)
    コーディネーター/ 山本敏哉(豊田市矢作川研究所)

主催:豊田市
後援:国土交通省豊橋河川事務所・愛知県豊田加茂建設事務所・矢作川水系八漁協連絡協議会

開催報告(Rio 2017年4月号 No.203) →


記録(矢作川研究 22号) →


ファイルイメージ