ふるさとの川づくり 小学生が今年も川学習

2019/06/11

 地元住民と行政との共働で「ふるさとの川づくり」を進めている岩本川で、平井小学校の2年生約70人が川学習を行いました。地元の川づくり団体「岩本川創遊会」と矢作川研究所が講師となり、川でのガサガサ(生物の採集)の指導や見守り、教室でのレクチャーを行いました。このような講師派遣事業も研究員の仕事の一つであることから、研究所に職場体験に来ていた中学生3人にも同行してもらい、一緒にガサガサをしながら子どもたちを見守ってもらいました。

 今回川学習をした2年生は、1年生の時にも岩本川で川学習を行った子どもたちです。川では、生き物を捕まえた子の周りに他の子どもたちが集まって覗き込む姿があちこちで見られました。また、ガサガサだけでなく、川にあおむけに寝転んでみたり、腕を伸ばして水面に上から滑り込んでみたり、お風呂のように首まで浸かってみたりと、子どもたちは全身で身近な川を楽しんでいました。

 教室では、ヤゴやドジョウなど、岩本川でとれた生物について、研究員がレクチャーを行いました。子どもたちは、いろいろな形のヤゴに驚いていました。

 2年生は今後も川学習をする予定だそうです。回を重ねることで、岩本川に対して、ふるさとの川として愛着を持ってもらえたらと思います。





  • 前へ
  • 一覧