矢作川研究所日記

2024/05/26

広沢川で川づくり勉強会をしました


 ふるさとの川づくり事業が進む広沢川で、猿投まちづくり協議会のみなさんと川づくり勉強会を行いました。久しぶりの開催となった今回は、浚渫後の水際に生えたツルヨシの抜き取りに挑戦です。
 まず、広沢川の未来希望図をもとにして、土砂の溜まりにくい川づくりを目指していること、こどもたちの遊び場や地域の憩いの場にしたいことなどの目標を改めて共有した上で、植生繁茂と土砂堆積について説明し、作業を行いました。水面と砂州に沿って伸びているツルヨシは抜き取りやすいのですが、石組みの間から伸びたものや既に川底の深いところに茎を伸ばしたものがもう抜けません。「大きなカブの話みたいだな」なんて声も聞こえますが、もはや素手ではどうにもなりません。「当日は長靴と軍手があれば良いですよ」とみなさんにお伝えした自分を責め始めたころ、ふと気づくと、レーキや熊手を持った人がいる。軽トラに色々載ってるんですね、助かりました。岩本川での川づくりの際も思いましたが、こちらの準備不足や見込み違いがあっても、一緒に活動してくれる地域のみなさんの知恵や持ち物、人脈等にいつも助けていただいてます。
 ふるさとの川づくり事業は、見試しやトライ&エラーが多い取組です。これからも川の変化を見ながら次はどうしようかということをみなさんと考えながら進めていきたいです。


作業前

作業後



2024/05/24

特定外来生物カワヒバリガイの広域調査

今年もカワヒバリガイ広域調査を愛知工業大学と共同で実施しました。矢作川の上流、黒田ダムの下流から米津橋までの間に15調査地点を約2日で駆け巡る調査です。今日は、五月晴れ気温30℃越えで、汗がにじみました。(内田)


平水より少し水位が高く、肩まで水中に浸かりながら川底の石に付着しているカワヒバリガイを探しました


地点までのアプローチは様々です。荒れ果てた休耕田の畦をひたすら歩き、川岸に出るまでひたすらやぶこぎという地点もあります。大変ですが、子ども頃にやった探検ごっこのような場面もある調査です。

やっと辿り着いた川岸、水際の石にアユのハミアトがびっしりついていました。今年の天然アユの遡上は多いと聞いていましたが、アユの元気な暮らしぶりも垣間見えました

採取したカワヒバリガイはアルコール標本にして持ち帰りました



2024/05/20

ダム工学会の表彰式に参加しました!

受賞後の記念撮影


このたび,ダム工学会から「石礫の露出高の簡易予測モデルを用いたダム下流の河床環境評価手法の開発」について,令和5年度技術開発賞をいただきました.土木研究所自然共生研究センター時代の研究成果に対するもので,矢作川水系で行った精度検証の研究成果も含まれています.

「簡易予測モデル」を開発した宮川幸雄さん(現:リバーフロント研究所)が代表受賞者であり,連名者としては私(小野田幸生)のほか,末吉正尚さん(現:国立環境研究所),堀田大貴さん(現:建設技術研究所),中村圭吾さん(現:土木研究所流域水環境研究グループ長)といった,当時の研究仲間などが名を連ねます(嬉しいお知らせを皆で共有しました!).

技術の詳細については,土木研究所自然共生研究センターのHP「ダム下流の環境評価ツール」をご参照下さい.なお,豊田市矢作川研究所の季刊誌Rio(No.226, 2023)では,露出高の特集を組んでおり,宮川さんには「簡易予測モデル」の紹介記事を書いてもらいました.改めて読んでいただければ幸いです.(小野田幸生)



2024/05/18

中越戸水辺愛護会の活動を住友ゴムが支援しました

 河畔の維持管理活動をしてくださっている水辺愛護会の多くが、会員数の減少や後継者不足の問題を抱えています。そんな中、外部ボランティアの力を借りて活動の活性化を図っている愛護会が複数おられます。中越戸水辺愛護会には年1回、住友ゴム名古屋工場(豊田市新生町)の皆さんが活動のお手伝いに訪れています。その様子を取材しました。

 当日は晴れわたった空の下、朝8時に住友ゴムの社員35名の方が集まり、愛護会がお釣土場水辺公園の上流側に設置したウッドデッキをベースに、公園下流側で愛護会員が伐採した竹や低木を運ぶ作業に汗を流しました。長い竹は3人がかりで運搬。運ばれた木竹は一箇所に集積され、愛護会員が運びやすい長さに玉切りしました。


竹の伐採


竹の運搬 


 住友ゴム名古屋工場は地域貢献活動として、年に豊田市内の10の市民活動団体に支援を行っています。中越戸水辺愛護活動への支援は、同社のOBだった愛護会長の森和夫さんの働きかけにより、2019年に始まりました。ボランティア活動に参加する社員の皆さんは、会長はじめ愛護会員の皆さんの人柄に触れ、交流するのを楽しんでおられました。
 また、一昨年の明治用水漏水事故の際には、工場も操業停止を余儀なくされ、あらためて矢作川がいかに重要な存在なのか認識し、川に恩返しできる活動に意義を感じるようになったとのお話もうかがいました。


センダンの木が満開でした


豚汁のふるまい


 この日は30℃近くまで気温が上がりました。活動は11時過ぎに終了し、おむすびと、愛護会の皆さんお手製の絶品の豚汁を頂いて閉会。愛護会員の飼い犬くんもおさまった最後の記念写真では、みなさんの笑顔と達成感の表情が印象的でした。(洲崎燈子)




2024/05/09

「庭のメダカ池に藻が生えています。何という藻ですか?」

4月に発行したRio 231号「川の小さな藻、もっともっと知って欲しいな」を見たのでと、藻のサンプルを携え、市民の方が研究所を訪ねてくださいました。
早速、小瓶にはいった藻を顕微鏡で観察しました。拡大された微生物をモニターに映すと、たくさんのアオミドロが現れました。サヤミドロも混在しているのがわかりました。アオミドロは、リボン状の葉緑体が螺旋になっていることで同定できます。サヤミドロは、頂帽とよばれるネジのような筋が入った細胞があります。
しばらく観察していると、何か、忙しそうに動いている動物もいました。ワムシの仲間です。彼らは藻や細菌などを食べていました。このように、小さなメダカ池であっても生物たちが繋がっているのです!
依頼者は、「増えて迷惑だなと思っていた藻でも、顕微鏡で観察してみると、少し可愛く、愛着が湧いてきました」と感想を聞かせてくださいました。
藻は皆さんの身近な場所にも生息しています。「これ何かな?」を見つけたら、わずかな量でOK、ジャムの空き瓶やジッパー付き袋などに入れて研究所へお出かけください。お待ちしています!


顕微鏡で拡大した藻をモニターで確認

アオミドロの一種

サヤミドロの一種